本研究会は、医師、理学療法士、トレーナー、医科学研究者等が一堂に会し、競技スポーツにおける外傷、障害の病態、治療、予防に関する研究発表、情報交換を行うことを目的としています。
関連リンク 連絡先

東海スポーツ傷害研究会会則

第1条 名称

この会は、東海スポーツ傷害研究会(以下、本会)と称する。

第2条 目的

本会は、東海地区に在住するスポーツにより発生する外傷および障害(以下、傷害と称する)に関心を持つものにより構成され、スポーツ傷害について研鑽することを目的とする。

第3条 事業

本会は、前条の目的遂行のために次の事業を行う。

  1. 研究会の開催
    1. 研究会は、原則として年1回開催する。
    2. 研究会は、演題報告と教育研修講演をもって構成実施する。
    3. 研究会における教育研修講演は、原則として日本整形外科学会等の認定、 教育研修講演とする。
  2. 機関誌の公開
    1. 本会は、機関紙として"東海スポーツ障害研究会誌"(本誌)をホームページ上(http://www.tokai-sports.jp)に公開する。
    2. 本誌には、研究会において発表された演題論文を掲載するが、投稿規定は別に定める。
    3. 本誌に掲載された論文は、研究会のホームページ上に掲載した会員が随時、閲覧できることとする。
  3. その他目的を達成するための事業

第4条 会員

会員は、本会の目的に賛同する医師、医療従事者、スポーツ関連研究者および指導者で、本会の定める参加費を納入した者とする。

第5条 運営費用

本会の運営のための費用は次のものとし、その金額は付則により別に定める。

  1. 参加費
  2. その他

第6条 会員

  1. 本会には、運営のため若干名の幹事を置く。幹事の任期は2年とするが、再選は妨げない。幹事全員により幹事会を構成する。
  2. 幹事の中から、本会代表幹事1名を選出し、本会の運営を統率する。代表幹事の任期は5年とするが、再選を妨げない。
  3. 幹事の中から、幹事の互選により庶務、会計、機関誌編集委員各々1名、監事2名(以下、役職幹事とする)を選出する。機関誌編集委員の任期は1年とし当番幹事がこの任にあたる。その他の役職幹事の任期は2年とする。
    ただし再選は妨げない。
  4. 前項の代表幹事、役職幹事の選出および新しく幹事を選出する場合は、幹事会において決定し、総会において報告する。
  5. 本会には、幹事の推薦により顧問を置くことができ、総会において報告する。
    顧問は本会の発展に寄与した者とする。

第7条 会議

  1. 定期総会
    1. 第3条(1)1)により開催される研究会の折りに予告し開催する。
    2. 定期総会において、庶務報告、会計報告、監査報告および役員選出を含めた幹事会における審議事項を報告し、本会のホームページ上に掲載する。
    3. 総会成立のための定数を定めず、決議を必要とする議案は総会出席者の2分の1以上の賛同を以て承認されたものとする。
  2. 幹事会
    必要に応じ、代表幹事がこれを召集する。
  3. その他の臨時会議
    必要に応じ、代表幹事が役職幹事に諮りこれを開催する。

第8条 会計

本会の会計は、会計担当幹事により事務局において管理する。会計報告は、会期毎に幹事の監査をうけ、幹事会および定期総会に報告し、本会のホームページ上に掲載する。

第9条 事務局

本会は、事務局を設置し本会の運営に当たる。事務局の設置場所は付則により別に定める。

第10条 会計年度

本会の会計年度は、1月1日より12月31日までを以て1年度とする。

第11条 その他

本会則の改正および会則に定めるもの以外で必要な事項は、会員の総意を尊重し速やかに幹事会において審議し総会に報告する。

第12条 施行

この会則は、1997年1月1日より施行する。
この会則及び付則の変更は2002年9月14日より施行する。

付  則

  1. 参加費は、年2,000円とする。
    日本整形外科学会等の教育研修講演の受講料は別途徴収する。
  2. 本会の事務局は、下記に置く。
    〒500-8864 岐阜県岐阜市真砂町9-15
    やまが整形外科内 東海スポーツ傷害研究会事務局
    Phone:058-264-8822,Fax:058-264-4338

【会則に伴う、新役員の人選について】

本年度(2019年2月23日)行われた幹事会において任期満了に伴う
役員幹事を下記のごとく決定し承認された。

庶務: 杉本勝正先生(再任)
幹事: 坂口弘樹先生(新任)
機関誌編集委員: 土屋篤志先生(41回)